ブロックチェーンユースケース:ゲーム 

シェア
Copied to clipboard!
ブロックチェーンユースケース:ゲーム 

コンテンツ


ブロックチェーンのエコシステムは速いペースで拡大し、それを利用する人の数は日々増加しています。ブロックチェーンは主に仮想通貨のネットワークで利用されている技術ですが、革新的なソリューションとして、幅広い業界で活用することができます。

バイナンスアカデミーでは、ブロックチェーンのユースケースについて多くのコンテンツを用意しています。医療ガバナンスサプライチェーンIoTチャリティと、その活用事例は多岐に渡ります。

しかし、ブロックチェーン技術がゲーム業界をも変えようとしていることを知っていましたか?


現在のゲーム業界

現在のオンラインゲームの大部分が、中央集権的なモデルで運営されています。ゲームの運営者が独占的に管理するサーバーに、データが全て保存されているのです。

一般的にゲームのデータとは、アカウントの情報やサーバーの履歴です。サーバーの履歴には、ゲーム上の全ての出来事が記録され、価値あるコレクション、アイテム、ゲーム内通貨など、プレイヤーがゲームで集めたアセット(資産)も保存されています。

データベースは1つの企業が管理しているため、プレイヤーはアカウントやアイテムを本当に所有しているとは言えません。また、サーバーが中央集権的であるということは制約も多く、脆弱性を有します。例えば、以下のような内容です。

  • 技術的な問題によるサーバーダウン
  • システムへのハッキング
  • ゲームサービスの終了
  • 不当なアカウント閉鎖
  • ゲームの仕組みや料金に対する透明性の欠如
  • 開発者や運営者によるゲームデータの改ざん

言い換えると、様々な権限がゲーム会社にあるのです。しかし、ブロックチェーン技術は、こういった問題を解決もしくは軽減することができます。


ブロックチェーンゲームのメリットは?

分散型データベースとして、ブロックチェーンのシステムは、あらゆるデジタルデータを検証・保護することができます。ゲームの履歴やアイテム、トークンといった全てのデータを守ります。ゲームにおける様々な権限を、ゲーム会社からプレイヤーに戻すことが主な目的です。

各プレイヤーが、自分のアカウントやアセットを完全に管理できるようになり、いつでも自由にアセットを交換することも可能になります。様々な方法を利用して、ブロックチェーンゲームを開発・運営できます。


ブロックチェーンがゲーム業界に与える影響は?

ブロックチェーンの活用はゲーム業界にとってどのようなメリットがあるか、具体的に見ていきましょう。


真の所有権

前述したように、ブロックチェーンゲームでは、プレイヤーがゲーム内のアセットに対して永久に所有権を保持し、自身で管理を行えるようになります。一般的にアセットの作成には、ERC-721を初めとする代替不可能なノンファンジブルトークン(NFT)が利用されます。

アセットには、ゲーム内のカード、スキン、アイテムやキャラクターも含まれます。種類に関わらず、全てブロックチェーンのトークンに紐づけられ、分散型ネットワークで維持されます。


非中央集権的なマーケットプレイス

通常ゲームでは、ゲーム会社がドロップ率やゲームのエコシステムを管理する権限を持ちます。ゲーム内アイテムをロックしたりバインドしたりして、プレイヤーが交換できないようにすることもできます。

対照的にブロックチェーンゲームでは、非中央集権的なマーケットプレイスを作ることが可能です。プレーヤー同士が必ずしも信頼し合う必要はなく、同時に検閲耐性をもたらします。全プレイヤーがピアツーピアで、ゲーム内のアセットを自由に売買・交換できるのです。


決済の効率化

ブロックチェーンとスマートコントラクトは、決済の手数料を下げ、金融取引の速度を向上させることができます。ピアツーピアのプレイヤー間取引だけでなく、プレイヤーと開発者のやりとりまで、あらゆる種類の決済を円滑に行うことが可能になります。

 

異なるゲームでの相互利用

ゲーム内のデータやアイテムをブロックチェーンでトークン化することによって、異なるゲーム間でアセットの交換ができるようになります。これによってプレイヤーはデジタルアセットを再利用でき、様々なゲームで試すことも可能です。

ゲームのアイテムをトークン化し、同じブロックチェーン上にあるゲームであれば、プレイヤーはトークンを交換することができるのです。


公平なゲーム環境

使い方次第で、ブロックチェーンを利用すれば、オープンソースで透明性の高い分散型のゲームサーバーを構築することができます。この場合、ゲームの仕組みを変更するには、ブロックチェーンネットワークの参加者から多数の賛成を得なくてはいけません。

さらに、ブロックチェーンが分散型で単一障害点がないため、ハッキング等によるゲームの妨げを防ぐことができます。


ゲームを楽しめる期間

ゲームが中央集権化されたサーバーで運営されている場合、開発者はいつでもプロジェクトを中止したり、ゲームのサービスを終了したりすることができます。ブロックチェーンを利用すれば、たとえ開発者がサービスを中止しても、プレイヤーはゲームを継続することができます。

ブロックチェーンネットワークが稼働し続けている限り、ゲームを継続できるのです。新たな開発者が引き継いで、プロジェクトを改善していく場合もあるでしょう。


課題

確かにブロックチェーン技術は、ゲームの世界に新たな可能性をもたらしましたが、解決しなくてはならない重大な課題が残されています。以下がその一例です。

  • スケーラビリティ:ブロックチェーンは中央集権化されたネットワークよりも処理速度が遅くなる傾向があるので、ゲームをグローバルに普及させることができない可能性があります。
  • 利用者不足:ブロックチェーンゲームは数多く生まれていますが、需要はあまりありません。プレイヤーが少ないゲームがほとんどです。
  • 中央集権性:全てのブロックチェーンゲームが、完全に非中央集権化されているわけではありません。ERC-721を初めとするブロックチェーン上のトークンを利用していても、サーバーが中央で管理されているゲームもあります。
  • クオリティ:例外はありますが、クオリティが低くて人気がないゲームがほとんどです。画質を重視したり、深いゲーム体験を望むゲーマーには人気がありません。
  • 参入障壁:ブロックチェーンゲームを開発し、運営を継続するための資金を調達するのは容易ではありません。また、スケーラビリティの問題と共に、ゲームの利用者が少ないことは、開発者のモチベーション低下につながります。
  • 競争力:ブロックチェーンゲームは独立した小さなグループによって開発されている場合が多く(インディーズゲーム)、中央集権化された大手のゲーム会社と競争するのは大変です。

しかしながら、課題を克服するための手段は数多く開発されています。例えばスケーラビリティの問題に取り組むために、イーサリアムのプラズマ(Plasma)ライトニングネットワーク、またその他のレイヤー2のソリューションを実験利用している開発チームはたくさんあります。


ブロックチェーンゲームの例

従来のゲーム市場と比較すると、ブロックチェーンゲームの市場はまだ新しく、比較的小規模です。しかしブロックチェーンネットワーク上に構築されたdApps(分散型アプリケーション)やゲームの数は増加しています。

非中央集権的なアプリやゲームの大部分が、イーサリアムのブロックチェーンを利用しています(例:Enjin、Loom)。一方で、EOS、TRON、 ONT、 NEO、 VeChain、IOSTといった他のネットワークを利用したプロジェクトも増加しています。以下は、ブロックチェーンゲームの例です。

  • ディセントラランド(Decentraland:仮想現実プラットフォーム)
  • クリプトキティ(Cryptokitties)
  • ゴットアンチェインド(Gods Unchained)
  • マイクリプトヒーローズ(My Crypto Heroes)
  • チーズウィザード(Cheeze Wizards)
  • クリプトスペースコマンダー(Crypto Space Commander)
  • マイサリアム(Mythereum)
  • アクシーインフィニティ(Axie Infinity)
  • ハイパースネークス(HyperSnakes)
  • イオスダイナスティ(EOS Dynasty)
  • イオスナイト(EOS Knights)
  • ビヨンドザボイド(Beyond the Void)
  • クリプトゾンビ(CryptoZombies)
  • リレントレス(Relentless)
  • ハイパードラゴンズGo(HyperDragons Go)
  • クリプトウォーズ (CryptoWars)

まとめ

ブロックチェーン技術が、ゲーム業界おいて大きな可能性を秘めていることは明らかです。プレイヤーや開発者に重大なメリットをもたらし、特に非中央集権性、透明性、互換性の面で改善が期待されています。

開発者が課題を解決することができれば、ブロックチェーンはゲームの世界を変え、全く新しいエンターテイメントを生むことができるでしょう。そうすれば、プレイヤーはもっと自由にゲームを楽しむことができるようになります。

Loading