仮想通貨ウォレットとは

シェア
Copied to clipboard!

仮想通貨ウォレットとは

簡単に言うと仮想通貨ウォレットとは、ブロックチェーンのネットワークへアクセスするためのツールのことです。様々な種類がありますが、ソフトウェアウォレット・ハードウェアウォレット・ペーパーウォレットの3つに分けることができます。仕組みに応じて、ホットウォレットやコールドウォレットと呼ばれることもあります。

仮想通貨ウォレットサービスの多くがソフトウェアウォレットを採用していますが、その理由はハードウェアウォレットに比べ利便性が高いためです。しかし一方で、ハードウェアウォレットは安全性が最も高いという特長があります。またペーパーウォレットは紙に情報を出力して保管するため、現代では旧式で信頼性が低いという指摘もあります。


仮想通貨ウォレットの仕組みは?

一般的な認識と違って、ウォレットには仮想通貨が保管されているわけではありません。ブロックチェーンネットワークにアクセスするために必要なツールを提供してくれるのが仮想通貨ウォレットです。別の言い方をすると、ブロックチェーン上で仮想通貨を送ったり受け取ったりするために、必要な情報を生成してくれるのです。情報で特に重要なのは公開鍵と秘密鍵です。

またウォレットには、公開鍵や秘密鍵に基づいて生成されたアドレス(英数字の識別子)が保存されます。アドレスは、仮想通貨が送られてくるブロックチェーン上の特定の「場所」を表します。これは、仮想通貨を受け取るためにアドレスを他者と共有することを意味しますが、秘密鍵は他人に明かしてはいけません。

秘密鍵があれば、どのウォレットを使用していても、自身の仮想通貨にアクセスすることができます。たとえコンピューターとスマートフォンの両方を使っていても、対象の秘密鍵(またはシードフレーズ)さえあれば、どちらでも仮想通貨が利用できるのです。仮想通貨はブロックチェーンを離れることはなく、1つのアドレスから別のアドレスに送金されているだけだということを覚えておきましょう。


ホットウォレットとコールドウォレット

上述したように、仮想通貨ウォレットは仕組みに応じて、ホットウォレットとコールドウォレットに分類することができます。

ホットウォレットとは、インターネットに接続されているウォレットのことです。例えば、バイナンスでアカウントを作り、そのアカウントのウォレットに送金する場合、バイナンスのホットウォレットに入金されます。ホットウォレットは作るのが簡単で、仮想通貨にすばやくアクセスできるため、トレーダーなど頻繁に仮想通貨を利用するユーザーには便利です。

一方コールドウォレットは、インターネットに接続されていないウォレットのことです。鍵をオフラインで保管するため物理的な媒体を利用し、それによってサイバー攻撃を防止できるという特長があります。こういった仕組みからコールドウォレットは、仮想通貨をより安全に保管したい場合に利用されます。コールドストレージとも呼ばれ、長期投資をする人や仮想通貨を売らずに長期保有する「HODLer」に向いています。

ユーザーの資産を保護するため、バイナンスではホットウォレットに保管する仮想通貨の量を制限しています。残りはコールドストレージに保管し、インターネットに接続しない状態にしています。さらに中央集権的な取引所に資産を預けたくないというユーザーのためにBinance DEXを用意しています。Binance DEXは非中央集権的なトレーディングプラットフォームで、秘密鍵を自分で管理することができます。さらにコールドストレージデバイス(ハードウェアウォレット)から直接取引ができるという特長があります。


ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットには多くの種類があり、それぞれに特徴があります。ほとんどがインターネットに接続しているホットウォレットです。ここからは最もよく使われていて重要なウェブウォレット、デスクトップウォレット、モバイルウォレットについて説明していきます。


ウェブウォレット

ウェブウォレットを利用すると、何もダウンロードやインストールしなくても、ブラウザのインターフェースを通して、ブロックチェーンにアクセスすることができます。取引所のウォレットや、ブラウザベースのウォレットプロバイダーが提供するウォレットは、ウェブウォレットに含まれます。

たいていの場合、ユーザーは新しいウォレットを作成した後、仮想通貨を利用するためのパスワードを設定することができます。一方、ユーザーに代わって秘密鍵の所持と管理を行うサービスプロバイダーもあります。これは初心者には便利かもしれませんが、リスクもあります。ユーザーが自分で秘密鍵を持っていないということは、自分の資産を他者に預けていることになります。この問題を解決するために、今では多くのウェブウォレットで、ユーザーが自分の鍵を管理できるようになっています。鍵に対する権限はユーザーだけが持つ場合と、権限を共有する場合があります( マルチシグネチャ)。そのため、利用するウォレットを選ぶ前に、それぞれの技術的な特徴を確認することが重要です。

また仮想通貨取引所を利用する場合は、資産を保護する機能の活用を検討すべきです。バイナンスの取引所では、デバイス管理、多要素認証アンチフィッシングコード送金アドレス管理といったセキュリティ機能を利用できます。


デスクトップウォレット

名前が示す通り、デスクトップウォレットとは、コンピューターにダウンロードしてローカルで利用するソフトウェアを指します。ウェブサイトをベースにするウォレットと違って、必ずユーザー自身が鍵と資産を管理できます。新しいデスクトップウォレットを作ると、「wallet.dat」と呼ばれるファイルがコンピューターに保存されます。このファイルには、仮想通貨のアドレスを生成するために使う秘密鍵の情報が含まれているため、個人のパスワードを使って暗号化することを推奨します。

デスクトップウォレットを暗号化すると、「wallet.dat」ファイルを読み込めるようにするため、ソフトウェアを起動する度にパスワードの入力が求められます。もしファイルを紛失したり、パスワードを忘れてしまうと、ほとんどの場合、仮想通貨を利用できなくなります。

そのため「wallet.dat」ファイルをバックアップし、それをどこか安全な場所に保存しておく必要があります。あるいは、対象の秘密鍵かシードフレーズをエクスポートしておく方法もあります。そうすれば、故障などの理由でコンピューターが利用できなくなった場合に、他のデバイスから仮想通貨にアクセスできるようになります。

一般的にデスクトップウォレットは、ウェブウォレットよりも安全だと考えられていますが、ウォレットを作成・利用する前に、ウィルスを初めとするマルウェアからコンピューターを守ることが必要不可欠です。


モバイルウォレット

モバイルウォレットはデスクトップウォレットと機能は同じですが、スマートフォンのアプリとして利用できるように設計されています。QRコードを利用して仮想通貨を送ったり受け取ったりできるため、非常に便利です。

そのためモバイルウォレットは、特に日常的な取引や決済に適しています。ビットコイン(BTC)やバイナンスコイン(BNB)などの仮想通貨を実世界で利用するための手段として役立つでしょう。モバイルウォレットの例として重要なのがトラストウォレットです。

しかしコンピューターと同様に、モバイルデバイスも悪意のあるアプリやマルウェアには気をつけなくてはいけません。パスワードを使ってモバイルウォレットを暗号化したり、スマートフォンの紛失・故障に備えて、秘密鍵(またはシードフレーズ)をバックアップすることをおすすめします。


ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、公開鍵と秘密鍵を作るために乱数生成機能を利用する物理的な電子機器のことです。鍵はインターネットに接続されていない機器に保存されます。ハードウェアウォレットはコールドウォレットの一種で、最も安全なウォレットの1つと考えられています。

こういったウォレットは、サイバー攻撃に対するセキュリティが高い一方で、ファームウェアの実行が適切に遂行されないリスクがあります。また、ハードウェアウォレットは利便性が低いため、ホットウォレットのように仮想通貨を気軽に利用することができません。 

不便さを解決するには、Binance DEXを利用して、機器を直接トレード用のプラットフォームに接続する方法があります。この方法だと秘密鍵を機器の外部に出さなくて済むので、安全に仮想通貨を利用できます。ウェブウォレットにも似たようなサービスを行っているプロバイダーがあり、ハードウェアウォレットをブラウザのインターフェイスに接続することができるようになってます。

仮想通貨を長期間保有したままにする場合や、大量の仮想通貨を保管する場合は、ハードウェアウォレットの利用を検討すべきです。現在ほとんどのハードウェアウォレットで、機器を保護するためにPINコードを設定できます。またウォレットを紛失した場合に備えてリカバリーフレーズも設定できるようになっています。


ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、アドレスと秘密鍵を変換したQRコードが印刷された1枚の紙を指します。仮想通貨の取引を行う際は、QRコードを読み取ります。

ペーパーウォレットのウェブサイトにアクセスした後は、オフラインの状態で新しいアドレスと鍵を作成することができます。ペーパーウォレットはサイバー攻撃に強いため、コールドストレージとして利用することが可能です。

しかしながら欠点もあるため、現在ペーパーウォレットを危険とみなし、利用を控えるべきだという考えもあります。それでも利用したい場合は、デメリットを理解しなくてはいけません。大きなデメリットとして挙げられるのは、保有する仮想通貨の残高全てを送金する場合は良いのですが、一部を送金する場合に適していないことです。

例えば、ペーパーウォレットを作り、そこに複数回に分けて合計10BTCのビットコインを入金します。そこからまず2BTCだけを利用する場合、一度10BTCを全てデスクトップウォレットなど他の種類のウォレットに移してから、2BTCだけを使う必要があります。その後、残りの8BTCを新しいペーパーウォレットであれば戻すことは可能ですが、ハードウェアウォレットやソフトウェアウォレットを使用した方が便利なのは言うまでもありません。

ペーパーウォレットの秘密鍵をデスクトップウォレットに移動して残高の一部を利用する場合、残った仮想通貨は、ビットコインのプロトコルに自動生成された新しいアドレスに送金されます。新しいアドレスを自身で管理できるように手動で設定しないと、資産を失ってしまう可能性があります。

現在、ほとんどのソフトウェアウォレットは、ユーザーに代わって変更処理を行うことができるので、残った仮想通貨をユーザーの別のアドレスに送金することが可能です。金額に関わらず、ペーパーウォレットは最初の送金の後に空になってしまうことを覚えておきましょう。そのため、後で再利用しようとしてはいけません。


バックアップの重要性

仮想通貨ウォレットへアクセスできなくなることは非常に大きな損失です。そのため、定期的にバックアップすることが重要になってきます。多くの場合、「wallet.dat」ファイルかシードフレーズをバックアップするだけで済みます。本質的にはシードフレーズと秘密鍵の役割は同じですが、シードフレーズの方が管理が簡単な場合が多いです。パスワードを暗号化する場合は、忘れずにパスワードもバックアップしましょう。


まとめ

仮想通貨ウォレットは、ビットコインを初めとする仮想通貨を利用するには欠かせません。ブロックチェーンネットワークを介して送金したり、仮想通貨を受け取ることを可能にするインフラの基礎です。ウォレットは種類によってメリット・デメリットがあるため、資産を預ける前に必ず仕組みを理解しましょう。

Loading