ブロックチェーンとビットコイン(Bitcoin)の違い

シェア
Copied to clipboard!
ブロックチェーンとビットコイン(Bitcoin)の違い
この記事を聞く
00:00 / 00:00

仮想通貨の初心者にとって、この用語は非常に混乱し、誤解を招く場合さえあります。ある人はブロックチェーンについて話している時にビットコイン(Bitcoin)を指す人や、仮想通貨について話すときにブロックチェーンを指す人もいます。しかしながら、これらの用語はつながりはあるものの、まったく違う2つの者を指しています。なので、これらの違いを理解することが大切です。そこで、ブロックチェーンテクノロジー、仮想通貨、そしてビットコイン(Bitcoin)の基本知識をここでは説明します。


ベーシックアナロジー

  • ウェブサイトは情報を共有するための特定の技術です。
  • サーチエンジンはウェブサイトテクノロジーを使うための最も有名で、一般的な方法です。
  • そして、Googleは最も人気があり、知られているサーチエンジンの1つです。


  • ブロックチェーンは情報を記録するために使われる技術のことを指します。
  • 仮想通貨はブロックチェーンを使う方法として最も有名、かつ一般的なものの1つです。
  • そして、ビットコイン(Bitcoin)は最も有名、かつ最初の仮想通貨です。


ブロックチェーン:コンセプト

ブロックチェーンの大半は分散型デジタル元帳として設計されています。単純化すると、ブロックチェーンは基本的には紙の元帳の電子版であるデジタル元帳であり、このデジタル元帳はトランザクションのリストを記録する役割を果たしています。

より具体的には、ブロックチェーンは、暗号による証明によって、接続され保護されている、複数のブロックがつながったチェーンです。ブロックチェーン技術は、金融業務を必要としない他の分野にも適用できますが、仮想通貨という文脈においては、確認されたすべてのトランザクションの記録を永続的に保持する役割を果たしています。

「分散型」とは、この元帳の構造、および管理の方法を指しています。わかりやすく説明するために、住宅販売の公的記録、ATM引出の銀行記録、販売された商品のeBayのリストなど、中央集権型台帳の一般的な形式について考えてください。これらの場合、政府機関、銀行、もしくはeBayのような1つの組織がこの元帳を管理しています。もう1つの共通の要素は、こういった元帳のマスターコピーは1つしか存在せず、それ以外は公的な記録ではないただのバックアップとなります。したがって、従来の元帳は単一の組織によって管理され、通常は単一のデータベースに依存しているため、中央集権型となっています。

一方、ブロックチェーンはたいてい分散元帳として機能する分散型システムとして構築されています。つまり、元帳のコピーとそれに対する権限を持っているもの、どちら単一ではないことを分散化、分散型と言います。わかりやすく言うと、ブロックチェーンネットワークを維持するためのプロセスに参加することを決めた全てのユーザーがブロックチェーンデータの電子コピーを保管し、そしてこのコピーは、他のユーザーのコピーと同期することで、常に最新のトランザクションがアップデートされます。

言い換えると、分散型システムは世界中に散らばっている、多くのユーザーの集合的な作業によって維持されています。これらのユーザーはネットワークノードとして知られており、これらのノードは全て、システムのルールに基づいて、トランザクションの検証と承認プロセスに参加します。結果として、中央集権的な組織はなく、権限は分散化されます。


ブロックチェーン:基礎

ブロックチェーンはブロックがチェーン状にリンクされるという、その記録の構造から来たネーミングです。一般的に、ブロックは特に最新のトランザクションリストを保有するデータの一部です。このブロックやトランザクションは公開されていますが、変更することはできません。ブロックチェーンに新しいブロックが追加されるにしたがって、リンクされたブロックの継続的な記録が形成されます。これはブロックチェーンをシンプルに説明したものですが、実際のプロセスはこれよりもはるかに複雑です。


ブロックチェーンの改ざん耐性が強度な理由の1つとしては、ブロックがつながっていて、暗号化証明によってセキュアにされているからです。新しいブロックを発行するには、ネットワークの参加者はマイニングとして知られる、費用のかかる集中的な計算活動に取り組む必要があります。基本的に、マイナーはトランザクションの検証とそれらを新しく発行されたブロックにグルーピングし、条件を満たした場合、そのブロックをブロックチェーンに追加する役割を果たしています。また、マイナーは行った作業に対する報酬として発行される、新しいコインをシステムに導入する役割も果たしています。

全ての新しく承認されたブロックは直前に発行されたブロックとリンクされます。このセットアップの利点は、ブロックチェーンに追加されたブロック内のデータを変更することは事実上不可能なことです。なぜなら、これらのデータ、及びブロックは暗号化証明によって保護されているからです。

まとめると、ブロックチェーンは、時系列順に編成され、暗号化証明によって保護されているデータブロックがリンクされ、チェーン状となったものです。


仮想通貨(クリプトカレンシー)

簡単に言うと、仮想通貨は分散型ネットワーク内でユーザーが交換手段として使う、デジタル形式の通貨です。これまでの伝統的な銀行システムと違って、これらのトランザクションはパブリックデジタル元帳(ブロックチェーン)を通じて追跡することができ、そして仲介者なしで参加者間で直接(P2P)行うことができます。

「クリプト(暗号)」という言葉は、経済システムを安全にし、新しい仮想通貨単位の発行とトランザクションの検証がスムーズに行われるようにするために使われている暗号技術のことを指しています。

全ての仮想通貨でマイニングができるわけではないですが、ビットコイン(Bitcoin)のようにマイニングシステムを採用している多くの通貨では、その循環供給に対してゆっくりとしたコントロールを行っています。それゆえ、マイニングはこれらのコインを新しく発行する唯一の方法で、これによって政府が通貨の供給量をコントロールすることができた、既存の法定通貨におけるインフレのリスクを回避しています。


ビットコイン(Bitcoin)

ビットコイン(Bitcoin)は史上初の仮想通貨で、当然最も有名な仮想通貨です。2009年に仮名の開発者サトシナカモトによって発表されました。彼のメインアイデアは数学的な証明と暗号化に基づいて、独立、分散型の電子システム決済システムを生み出すことでした。

ビットコイン(Bitcoin)は一番有名ですが、唯一の仮想通貨というわけではないです。他にも多くの仮想通貨があり、それぞれが独自の特徴とメカニズムを持っています。さらに、全ての仮想通貨が独自のブロックチェーンを持っているわけではないです。仮想通貨の中には、既存のブロックチェーン上で発行されたものもありますし、完全にゼロから作られているものもあります。

ほとんどの仮想通貨と同様に、ビットコイン(Bitcoin)には発行上限があります。つまり、最大供給枚数に達すると、システムは新しくビットコイン(Bitcoin)を発行しなくなります。この設定はプロジェクト毎に違いますが、の発行上限は2100万枚になっています。一般的には、発行上限は仮想通貨作成時に定義する公開情報です。循環供給はBinance InfoのBitcoin Priceで確認することができます。 ビットコイン(Bitcoin)プロトコルはオープンソースで、誰でもコードをレビューし、コピーすることができます。世界中の多くの開発者がこのプロジェクトの開発に貢献しています。

Loading