Proof-of-Workとは?

シェア
Copied to clipboard!
この記事を聞く
00:00 / 00:00

Proof-of-Workとは?

元々は1993年にProof-of-Workのコンセプトは、サービスユーザーになんらかの作業、たいていの場合はユーザーにコンピュータで時間を処理することを依頼する、DoS攻撃対策やその他のネットワーク上のスパム対策として開発されました。

2009年にBitcoinは、トランザクションを承認し、ブロックチェーンに新しいブロックをブロードキャストする革新的な方法としてProof-of-Workをコンセンサスアルゴリズムとして使うことを紹介しました。

それ以来、Proof-of-Workは多くの仮想通貨において、コンセンサスアルゴリズムとして幅広く使われるようになりました。


Proof-of-Workの機能

簡潔に言うと、ネットワーク上のマイナーは複雑な計算パズルを解くために互いに競争しています。これらのパズルは解くのは難しいが、解答が正しいのかを判断するのは簡単なようになっています。マイナーがパズルの回答を見つけたら、ネットワークに新しいブロックをブロードキャスト(追加)することができ、他のマイナーはその解答が正しいかを検証します。


よりわかりやすい説明

Bitcoinは分散型ノードの集合作業によって維持されるブロックチェーンベースのシステムです。これらのノードの一部はマイナーとして知られており、ブロックチェーンに新しいブロックを追加することができます。新しいブロックを追加するためにマイナーは疑似乱数(nonce)を予想して、計算する必要があります。この数をブロックで提供されたデータと組み合わせてハッシュ関数に渡すと、与えられた条件に一致する結果、たとえば4つのゼロから始まるハッシュが生成されます。一致する結果が見つけったら、他のノードは結果の検証し、承認し、その結果を見つけたマイナーノードはブロック報酬を受け取ることができます。

それゆえ、新しいブロックをメインチェーンに追加する、言い換えると特定ブロック(ブロックハッシュと呼ばれる)の解を発行するためには、有効なnonceを最初に見つけないといけません。それぞれの承認されたブロックはマイナーによる作業を表すブロックアッシュが含まれているから、この方式のことをProof-of-Workと呼びます。

Proof-of-Workは様々な攻撃からネットワークを守る助けをします。攻撃を成功させるには大量の計算パワーと計算のための時間が要求されるので、攻撃のためのコストがネットワークを攻撃することによる利益よりも大きくなるため、攻撃すること自体が非効率です。

Proof-of-Workにある1つの問題点は、マイニング用の計算ハードウェアは大量の電力を消費しているにも関わらず、この複雑なアルゴリズム計算はネットワークのセキュリティを保証する以外の事には使われません。 

確かに、Proof-of-Workは最も効率的なソリューションではないかもしれませんが、ブロックチェーンにおける合意形成方法としては最も活用されている方法の1つです。この問題を解決するために既に代替方法やアプローチが試されていますが、Proof-of-Workの後継となるほど確立された方式はまだ生まれていません。.

これからもBinanceアカデミーのコンテンツを増やしていくので楽しみにしておいてください。後、たくさんのビデオがBinanceアカデミーにあるのでぜひ視聴してください。

Loading