ビットコインとは?

シェア
Copied to clipboard!
この記事を聞く
00:00 / 00:00

ビットコインプロトコルの説明

ビットコインは史上初の仮想通貨です。ビットコインは、基本的に、不正に対する耐性が高く、コピーや破壊できないデジタル形式の通貨です。コンピュータとネットワーク技術は、データのほとんどは簡単にコピーできるという1つの普遍的な特徴を通じて、現在の状態にまで進歩してきました。ウェブ、ワードプロセッサ、ネットワークプログラミングまでのほぼ全てにおける迅速な創造は、一連のビットはほぼゼロコストですぐに、簡単にコピーできるという事実に基づいています。

コンピュータサイエンティストと開発者がデータエコノミーのもう1つの側面について疑問に思い始めるのは、時間の問題でした。もしも、データがコピーできなかったら。もしも、固有のデータが存在し、ユーザー間で転送できたら。この考えによる、コピーできない、固有のデータはデジタルマネーとして使うことができるという実用的なアイデアはすぐに生まれました。

これが最初の仮想通貨の開発方法です。多くの人がこの特定の種類のデジタル通に関する経験がほとんど、もしくはないため、「ビットコインとは?」と尋ねたり、ビットコインがどのように機能したりするのか知りたいかもしれません。私たちの大半にとって、仮想通貨を固有のものとしている基盤技術が最も複雑なトピックの1つかもしれないです。 

多様な特質と機能によって、ビットコインは言葉として様々なものを定義するために使われています。まず、仮想通貨としてのビットコイン(BTC)は、分散型で、個人間で使える、デジタル形式の通貨です。次に、このデジタルエコノミックネットワークは基盤となるルールによって運営されており、これがビットコインプロトコルです。そして、ビットコインプロトコルのソースコードと世界中の多くのコンピュータで実行されているそれぞれのソフトウェアがビットコインと呼ばれることもあります。それゆえ、ビットコインという言葉は上記の全機能を網羅する、エコシステム全体を指すために使われることもあります。

 

ブロックチェーン

デジタルストレージの初期の頃から固有で、改変不可能なデータの問題はプログラマーを悩ませてきました。ディスク、もしくはテープ上のデータが簡単に変更できたら、誰も度のデータが正当、もしくは本当のバージョンかわかりません。Stuart HaberとW. Scott Stornettaがブロックチェーンの最初の原型を作り出すまでは、ほとんど答えがないほど難しい問題でした。彼らはデータ改ざんを防ぐ方法として、初めて暗号化証明を採用して、鎖のように繋がったブロックをセキュアにしました。HaberとStornettaの研究はHal Finneyと他の多くのコンピュータサイエンティストに影響を与え、これがビットコインの誕生につながりました。ビットコインのホワイトペーパーはサトシナカモトを名乗る人物によって、2008年に発表されました。

確かに、ブロックチェーンの出現はビットコインとその他の仮想通貨が新しい種類のデジタルマネーとしてコンセプト化されるのに大きな役割を果たしました。基本的に、ブロックチェーンの構造は連続する記録であり、これは総勘定元帳やフラットデータベースに類似しています。ブロックチェーンのユニークさは、これらの記録を検証し、保護するために使うメカニズムにあります。

 

分散されていて、安全

ビットコインの基盤となっている技術は、データとトランザクションの一体性を保持するために設計されました。まず、全てのトランザクションはデジタル署名され、資金が1回以上使われないようにするための暗号技術を通じて検証されます。もしも、有効と確認されたら、そのトランザクションは、さらに暗号学を活用した技術であるマイニングとして知られるプロセスを通じて、ブロックチェーンに永久に記録されます。これは追加の労力を投入しているように見えるかもしれませんが、しかし、それはビットコインシステムの安全性に非常に大きな影響を与えます。ビットコインブロックチェーンに変更を加えるには、 構造全体を記録ごとに解読する必要があるり、これはたとえ最強のコンピュータを使っても非現実的なことです。

セキュリティのもう1つ重要なレイヤーは、データはそれぞれがブロックチェーンデータのコピーを保有する、無数のネットワークノードを通じて、世界中に分散されるという事実です。つまり、たとえ1つのノード上のデータを変更しようとしたとしても、他のコピーの一致しないため、他のネットワークの参加者は簡単に不正が行われたことに気づけます。このプロセスはProof of Workと呼ばれる、「コンセンサスアルゴリズム」によって、管理されています。同時に何十、何百、何千もの同じデータのコピーを解読するのは、一度行うよりも桁違いに難易度は高く、これがデータの安全を保障します。さらに、分散化されたシステムは失敗とサイバー攻撃に対してはるかに耐性があります。なぜなら、これまでの中央集権型のシステムが行ってきたのとは違い、単一のデータセンターに依存しないからです。

 

ブロックチェーン技術により、固有、かつコピーできない電子データが誕生し、連続する分散型元帳の入力を通じて追跡することができ、これが分散型で暗号化されたデジタル通貨としてのビットコインの誕生につながりました。ビットコインプロトコルは2100万枚のBTCまでしか発行されないように設計されています。新しいBTCはビットコインマイニングのプロセスを通じて発行され、このプロセスは暗号技術であるハッシュ関数を使っており、Proof of Work(PoW)コンセンサスアルゴリズムによって規制されています。

 言い換えると、ブロックチェーンは全てのトランザクションを記録する分散型元帳として機能し、この分散型元帳は改竄や不正に対する耐性が高いように設計されています。このデータベースの記録は非現実的な計算能力なしでは変更や改竄することができず、これによってネットワークは「オリジナル」デジタルドキュメントというコンセプトを実現することができ、それぞれのビットコインを固有、かつコピー不可能な形式のデジタルマネーにできます。

 

固有データの影響

デジタルテクノロジーにおける全ての価値は現在まで、簡単に複製できるデータから派生してきました。技術における将来の力の大部分は、固有の情報を利用し、それらがどのように相互作用するのかを分析することから生まれます。例えば、複雑な金融取引では、ビットコインのような進歩の結果、はるかに正確になり、誤った解釈をしにくくなります。

デジタル通貨は非常に広範な文脈と多くの種類のサービスとプロダクトの支払い手段として、既に使われるようになっています。ブロックチェーン技術により、ユーザーは銀行や金融機関のような第三者に頼ることなく、大幅に低い料金で金融取引を行うことができるようになります、さらに、ブロックチェーンは何十年もの間監査され、保存されることができる正確で変更不可能なデータの証跡を保証できるので、様々なアプリケーションに適しています。

Loading