仮想通貨とは?

シェア
Copied to clipboard!
この記事を聞く
00:00 / 00:00

仮想通貨とはP2P経済システムにおける価値の交換手段としての機能がメインのデジタル資産のことであり、トランザクションの検証と安全、そして追加単位の作成をコントロールするために暗号学が使われています。

中央銀行システムとは違い、たいていの仮想通貨は世界中にノードと呼ばれるコンピュータがあり、そのコンピュータによる分散化ネットワークによって分散化されています。

インターネット、もしくは微弱な無線でさえも、ボタンをクリックするだけで大陸をまたいだ価値の交換を誰でも行うことができます。仮想通貨取引のコストは銀行を使った国際送金と比較して安く、クレジットカード企業などが認めているチャージバックトランザクションなどとは違い、トランザクションは後から変更や取消などはできません。

仮想通貨単位の発行と管理はネットワークアーキテクチャによって決まっており、このアーキテクチャはアルゴリズムと暗号証明に基づいています。

これらは事前に定義されたルールのセット、つまり仮想通貨システムの運用を定義するプロトコルと考えることができます。

分散化しているとは、つまりその仮想通貨は1つの組織が支配することができず、トランザクションは第三者である仲介者なしでユーザー間で直接行われることを意味します。しかしながら、多くの仮想通貨は私企業と財団によって、管理され、開発されているので、分散化のレベルに違いがあります。ネットワーク構造とノードの分散性によって、いくつかの仮想通貨は他のものよりも中央集権的と思われます。

大半の仮想通貨の核となる要素は、ブロックチェーンと呼ばれるテクノロジーです。暗号化された複数のブロックが、鎖のようにつながっています。

それぞれのブロックには、特に、最近のトランザクションのリストと直前のブロックへの参照が含まれています。

ブロックチェーンは、分散型デジタル元帳として、全ての承認されたトランザクションを永遠に保存します。この元帳はネットワーク内の全ノードに分散されているため、変更に対する強い耐性があります。

世界初の分散型通貨であるBitcoinは2009年にサトシナカモトを名乗る開発者によって生み出されました。主なアイデアは、数学的証明と暗号化に基づいて、独立した分散型の電子決済システムを作成することでした。

多くの仮想通貨のように、Bitcoinには発行上限が設定されているので、上限に達したらそれ以降新しいBitcoinはシステムとして、もう二度と発行されません。たいていの場合、発行上限は仮想通貨が作成される時に定義される公開情報です。

Bitcoin以外にも現在では何千もの通貨があり、それらはアルトコインと呼ばれています。それぞれが違う特徴とユースケースを持っています。

仮想通貨の世界とテクノロジーについての知見を深めるために、Binanceアカデミーの提供する他のビデオもぜひ視聴してください!

Loading