Ethereumとは?

シェア
Copied to clipboard!
この記事を聞く
00:00 / 00:00

Vitalik Buterinが2013年にEthereumのホワイトペーパーを書きました。このホワイトペーパーでは、オープンソースで、パブリックで、スマートコントラクトと呼ばれる故障や検閲、不正、第三者による介入が発生しないプログラムされた通りに動くアプリケーションを動かせる、ブロックチェーンベースの分散型コンピューティングプラットフォームを説明しました。

Ethereumによって、開発者はスマートコントラクトを構築して、デプロイすることができるようになり、さらに開発者がローンチするサービスのために独自のブロックチェーンを開発する必要なく、Ethereumブロックチェーン上で直接独自の仮想通貨を発行できるようになりました。これは開発者にとってブロックチェーンを開発する時間を節約できるようになっただけでなく、Ethereumのセキュリティと分散性を利用できるようになりました。

Ethereum上で構築されたスマートコントラクトはEthereum仮想マシン、略してEVMと呼ばれる、Ethereumの分散型チューリング完全仮想マシンを使用します。これは実際にスマートコントラクト/スクリプトを実行するプロトコルの一部分となっています。EVMはパブリックノードの国際的なネットワークを使って、スクリプトを実行し、プラットフォームの検閲耐性を確保します。

Ethereum上でのスクリプトやスマートコントラクトはEthereum専用に作られたSolidityと呼ばれる新しいプログラミング言語で書かれています。 

ノードを動かし、スクリプトを実装するインセンティブを与え、ネットワーク上のスパムを減らすために、Ethereumは独自の仮想通貨であるether(ETH)を発行しています。

Ethereum上でなんらかの操作を行う時は、実行手数料を支払わないといけません。実行手数料は「ガス」と呼ばれ、etherで支払われます。ガスは、1つのアクションまたは一連の操作の実行にかかる作業量を判断します。操作に必要な計算量が多いほど、必要なガスも増えます。その操作のために支払うガスとしてのetherの量は自由に設定できますが、ノードはより高い手数料が設定されているリクエストを優先して処理します。

Ethereumには信頼できる稼働時間などのメリットがあります。もしも、企業のサーバーが故障したら、かれらの提供しているサービスも停止します。一方、たとえEthereum上のあるノードが停止したとしても、世界中に多くのノードがあり、それらが稼働しているので、サービスを提供し続けることができます。そして、同様のことが検閲に対しても言うことができ、悪意のある人物にとっては、世界中に100や1000ほど分散されている対象よりも1つのサーバーに集約されている対象の方がシャットダウンしやすいです。これによって、サービスは保護され、世界中から誰でもいつでも必ず使えることを保証します。.

要約すると、Ethereumが提供するメリットは普通のサーバーが提供するものよりも価値があるので、Ethereumはプログラミング言語が組み込まれたブロックチェーン、もしくはアプリケーションがその上で稼働するコンセンサスベースのワールドコンピュータと見ることができます。

Loading