2008年の金融危機の説明

シェア
Copied to clipboard!
この記事を聞く
00:00 / 00:00

過去と現在

2008年の金融危機は世界経済に対して大きな影響を与えました。10年たって現在、人々はどのようにルールが変わったのか、さらに重要なことに将来的にこのような経済危機をどのように回避することができるかを考えています。

この危機の始まりはサブプライムローン債市場に関連していて、後に大規模な世界規模での金融危機、および不景気へと発展しました。大規模な公的資金注入とその結果による不景気によって、多くの人がそれまで信用していたグローバルな銀行システムの安定性と透明性に疑問を持っています。


金融危機の間に発生したこと

世界恐慌以来の最悪の経済的な災害といわれている2008年の金融危機は世界経済を破壊しました。これによって大不況となり、住宅価格は下落し続け、失業率は急激に上昇しました。これに関連する影響は莫大で、現在の金融システムに対していまだに影響があります。

アメリカでは、2年足らずで800万人以上が職を失い、約250万の会社が破産し、約400万戸が差し押さえられました。食料不安から所得格差まで、多くの人が現在のシステムに対する信頼を失いました。

この不況は公式には2009年に終わりましたが、その後も、特にアメリカは、この影響にずっと苦しんでいました。失業率は2009年には10%に達し、これが金融危機以前の水準に戻ったのは2016年でした。


大不況の原因

原因について話すと多くの要素が批判されています。危機の火種はずっとあり、その臨界点に達したとき、金融危機が発生しました。金融機関は高リスクのローン(主に住宅ローン)を発行していたため、最終的には公的資金の注入による大規模な救済が行われました。

2008年の金融危機の本当の原因は複雑ですが、金融システムの亀裂を露わにし、連鎖反応が始まったのはアメリカの住宅市場でした。これに続いて、アメリカとヨーロッパに致命的な影響を与えた、リーマンブラザーズの倒産が続きました。言い換えれば、このエピソードは人々に銀行の潜在的な欠点を思い知らせました。そして、現在世界経済が相互に絡み合っていることで、世界中で大混乱を発生させました。


これがなぜ現在でも影響するのか?

確かに、この金融危機が発生してから10年が経過しましたが、いまだに懸念点があります。この不況の影響はまだ続いており、これまでの歴史的な基準と比べると世界経済の回復基調はまだ弱いです。ハイリスクなローンは再び提供されるようになっていますが、現在デフォルト率は低いですが、これは急激に変化するかもしれません。

規制当局は世界金融システムは2008年から変化し、安全策は相当強化されたと主張しています。これによって、多くの人々は現在の世界金融システムは10年前よりも強固と信じています。

一方で、このような種類の経済危機がまた発生することを危惧している人もいます。そして、あらゆる可能性があるため、このような危機はまた発生するでしょう。多くの変更がなされ、新しいルールが施行されましたが、まだ基本的な問題が残っています。

特筆すべきこととして、2008年の金融危機は私たちに政治が大きな影響を与えることを思い出させました。2008年に発生したこの危機は、本質的には何年も前に規制当局、政治家などによる判断が引き起こしています。権限が不十分な規制当局から、企業文化への影響まで、2008年の大不況はすでに過去のものとなっています。


Bitcoinとその他の仮想通貨の発展

2008年の金融危機によって、これまでの銀行システムに関連するいくつかのリスクが注目されました。また、2008年は史上初の仮想通貨であるBitcoinが誕生した年でもあります。

アメリカドルやイギリスポンドのような法定通貨と比較すると、Bitcoinと他の仮想通貨は分散化されているので、政府や中央銀行などによって管理されていません。その代わり、新しいコインの発行は事前に定義されたルールのセット(プロトコル)によって行われます。

Bitcoinプロトコルとその基盤となるProof of Workコンセンサスアルゴリズムは、新しい仮想通貨の発行が決まったスケジュールをフォローしていることを保証します。より具体的には、新しいコインの生成はマイニングとして知られるプロセスによって行われます。マイナーは新しいコインをシステムに導入するだけでなく、トランザクションを検証し、認証することでネットワークを安全にする役割を果たしています。

これに加え、Bitcoinプロトコルは発行上限を設定しており、これによって全世界で合計2100万Bitcoinまでしか発行されないことが決まっています。つまり、Bitcoinの供給に関して、これまでもこれからもサプライズがないことを意味します。さらに、Bitcoinのソースコードは オープンソースなので、誰でも確認するだけでなく、その開発に参加し、貢献することができます。


まとめ

2008年の金融危機から10年が経ちましたが、人々は国際銀行システムがどれだけ脆弱かを忘れていません。私たちは国際銀行システムを完全に信用することはできません。しかし、これこそがBitcoinのような分散型デジタル通貨が生まれる理由の1つとなったのかもしれません。

仮想通貨にはまだまだ解決しないといけないことが多いですが、これまでの法定通貨によるシステムの実行可能な代替手段を示しています。そのような代替的な経済的ネットワークは、経済的な独立性がない場合には経済的自立をもたらす可能性があり、確実により良い未来を創造する可能性を秘めています。

Loading